還元水素茶製造ボトル

Q:どうしてお茶が水素茶になるの?

Answer:

自然の静電作用を巧みに利用しています。いわゆる電気分解水ではありません。
固有の振動数から生まれる静電気を利用して水分子を還元し、低電位化するとともに、溶存水素を増やします。

お茶はもともと植物の葉から作られています。
「植物は葉緑体の中には成長の為に使用した大量の水素が含まれている」事がわかり、「葉緑体にある水素はある特定の振動数に反応する」事も発見されました。

このボトルに使用されている特殊セラミックが発するテラヘルツの遠赤外線が、お茶に振動数を与え続け葉緑体から水素を引き出し水素茶になるという技術が開発されました。

しかも、葉緑体と水素はとても結びつきが強いため、お茶の中にある水素は弱酸性で安定性が高く液体内に長くとどまります。

Comments are closed.